Image78

もしかして、赤ちゃんとお出かけするときに何もつけずにお出かけしてませんか!? 赤ちゃんの日焼け止めは今や常識中の常識です!赤ちゃんの日焼け止めは多くのブランドから発売されています。一言で「赤ちゃんの日焼け止め」と言っても、その成分や効果、使い心地は様々。大切な赤ちゃんの肌に直接塗るものだから、本当に良い物を選びたいですよね。

敏感な肌のか弱い赤ちゃんには植物成分の完全オーガニックが旬で人気♪

そもそも「赤ちゃんに日焼け止めは必要?」だとか「日焼け止めを塗る方が赤ちゃんの肌には良くないのでは?」と思っているママさんががまだまだ多いようです。昔は、適度な日光浴は子どもの発育を助けるために良い、子供は外で小麦色に日焼けした肌が健康の証とされてきました。しかし、現代の赤ちゃんたちが置かれている状況は昔とまったく違うのを理解しましょう。

実際に、もともと紫外線には病原菌を殺し、体内のビタミンDを作るために助ける効果があるとされています。一方で、近年はオゾン層の破壊によって、有害な紫外線が年々増え続けており、赤ちゃんの頃から紫外線を浴び続けると、将来のシミや乾燥肌だけでなく、皮膚病や皮膚がん、白内障の原因にもなり得る可能性があります。現にそういう発症事例とうも多数見受けられています。

また、赤ちゃんは大人の肌よりも半分程度の薄さで、肌を守るバリア機能のとっても未熟。そんな弱い赤ちゃんの肌にとって、日焼けはヤケドと同じようなもので、水膨れができてしまったり熱を持ってしまったりと、大人以上のダメージを受けてしまいます。

オススメの完全オーガニックな日焼け止めはこちら→アロベビー UV 効果